« 頭痛解消のポイント | メイン | 背中痛の原因と対策 »

股関節痛の原因と対策

股関節の痛みはお尻の筋肉が原因

肩関節が関係することも!?

日々の施術を通じて感じることは、意外と股関節に痛みを感じていらっしゃる方が多いことです。

そこで、股関節痛の原因と対策についてまとめてみます。
 

【股関節の動きに関わる筋肉について】

股関節にも肩関節と同じく多くの筋肉が関係しています。

股関節の動きはかなり複雑で、

  • 前後への動き(屈曲・伸展)
  • 横への動き(外転・内転)
  • ひねる動き(外旋・内旋)

と、それらの組み合わせがあります。

Kukkyoku   Sinten   Gaiten   Gaisen
屈曲と伸展   伸展      外転      外旋と外転

 
これらのうち、

  • 股関節の後ろと外側への動きにはお尻、
  • 股関節の前と内側には太腿、
  • 股関節をひねる動きにはお尻と太腿、

の筋肉が主に関係します。

つまり、股関節の動きにはお尻と太腿の筋肉が深く関わっています。
 

【身体の構造と痛みの原因】

ちなみに、股関節に無理がかかるとお尻の奥の方に痛みが出ます。Kokansetux

いわゆる「お尻のえくぼ」と言われる、横側の少し凹んだところ、その辺りの奥の方に股関節があるからです。

その股関節から斜め上外側にあるのが、「大転子」という大腿骨(だいたいこつ)の一部分で、まっすぐ立って手を身体の横に垂直に降ろしたとき、手のひらあたりに当たる骨です。

大転子には、いろんなお尻の筋肉がくっついています。Daitensi

アウターマッスルと呼ばれる「大殿筋」等の、主に股関節の伸展(脚を後ろに動かす動作)に関わる筋肉

インナーマッスルと呼ばれる「梨状筋」等の、股関節をひねる動きに関わる筋肉

これらの筋肉が縮んでこわばると、股関節の動きが悪くなり痛みが出るのです。

「お尻のえくぼ」の奥ではなく、お尻の表面に近いところが痛い時は、股関節ではなくお尻の筋肉そのものの痛みです。
 

その他、脚を外に広げる動き(股関節外転)の時にお尻の奥が痛い時は、太腿の内側の筋肉「内転筋群」等が縮んでいます。

例えば、床に座って脚を伸ばして左右に開き身体を前に倒したとき、太腿の内側が突っ張りますが、それはまだ筋肉のこわばりがひどくありません。

太腿の内側の筋肉のこわばりが強くなると、内側の筋肉の突っ張りよりもお尻の奥の痛みの方が強くなります。

Kaikyaku_2 ※この体勢で股関節が痛む場合は、内転筋がかなりこわばっています。

これは、太腿の内側の筋肉(内転筋群)のこわばりが強すぎて、痛みを感じるところまで筋肉が伸びていない状態なのです。

そのことによって股関節に負担がかかるので、股関節に痛みを感じるのです。
 

それは、お尻の筋肉に関しても同じです。

伸ばしている筋肉そのものの痛みではなく、お尻の奥に痛みを感じる場合、お尻の筋肉が縮みすぎているということです。
 

【股関節痛の対策について】

ですから、股関節に関わらず関節付近に痛みが出る場合、関節そのものが悪いわけではなく、周囲の筋肉の強ばりが原因であるケースが多いので、痛んでいる場所だけに目を向けることのないように注意したいものです。

当院では股関節痛の症状の場合、お尻の筋肉と内転筋群に注目し、痛みの原因となるこわばった筋肉を探して、筋肉トリートメント「MAGIC」でゆるめることで改善していきます。
 

  

Copyright(c) 自然整体院「エイド・ステーション」 All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます