« 腰が痛いと猫背になる理由 | メイン | 冷え性〜原因と改善方法 »

坐骨神経痛の原因と対策

「坐骨神経痛はこの世に存在しない」

坐骨神経痛とは一般的に、

腰椎から出て、お尻・太ももの後ろを通り、ひざ・ふくらはぎ・足の先までつながっている坐骨神経が、圧迫されたり刺激されたりすることで、片側のお尻、太ももの後側、ふくらはぎ、かかとやくるぶし、足の裏が痛む神経痛。
ただ、これらが全部痛むというわけではなく、人によって、また時によって、一部が痛んだりする。
症状としては、軽い痛み、しびれ、ひどくなると重い麻痺などがある。
西洋医学的には、腰椎の椎間板ヘルニアや、中高年者に生じる腰部脊椎管狭窄症によるものがほとんどで、他には腰椎の腫瘍、変形、カリエス、骨盤の腫瘍、前立腺のガンなどが原因である。

とされています。

ところが、この坐骨神経痛なるものがあり得ないということを、ある整形外科のドクターから聞きました。

坐骨神経痛なるものは、この世に存在しないそうです。Zakotsushinkei

何故かというと、神経というのは電気のコードと同じようなもので、痛みなどの情報を送る通り道でしかないので、神経が強く、あるいは長期にわたって圧迫を受けると、麻痺が起こる(何も感じない)ことはあっても、神経が刺激されることで痛みやしびれが出ることは、理論的にあり得ないのだそうです。

例えば何かの手術の時に、神経が邪魔になって横に避けるように触ったとしても、そのことで何らかの反応が起こることはないということです。

では何故、坐骨神経が痛むのか?

あれは、坐骨神経が痛んでいるのではなく、坐骨神経に沿って存在する筋肉の痛みなのです。

私的には、坐骨神経痛は腰椎の可動不全、骨盤のゆがみなどによる梨状筋(坐骨神経を挟み込んでいるお尻の筋肉)の過緊張などが原因であると考えていましたが、その認識も改めなければならないのかもしれません。

なにせ、坐骨神経痛そのものが無いものだということなんですから。

当院で臀部(お尻)から足までの痛み(いわゆる坐骨神経痛と言われてきたもの)に整体を施す時は、私たちはレントゲン写真などの画像情報を見ることがないので、ヘルニアがあるかどうかの判断はつきませんが、

ヘルニアなどといった構造の変化は、痛みの原因ではないと考えているので、まずは腰椎の可動不全の有無を確かめます。

あとは、骨盤のゆがみを正したり、梨状筋やハムストリング筋(太ももの裏側の筋肉)、およびふくらはぎの筋肉などをゆるめて、痛みやしびれを解消していきます。

痛い場所である、お尻、太ももの後側、ふくらはぎ、かかとやくるぶし、足の裏などは、原因ではないにしろ、筋肉というのは痛みによって緊張を起こしたりするもので、そういう場所を直接ゆるめて痛みを取ったりもします。

ちなみに、ビリビリッ、ズキン、といった鋭い痛みは炎症によるもので、鈍い、重い、だるい、といった症状は、筋肉の過緊張が直接の原因です。

そういう鈍痛がある時は、一度おしりの筋肉を押さえてみてください。

おしりのくぼみの辺りを少し強めに押すと、「アイタタ」というところがあるはずです。それが梨状筋です。

そのまま足先を外に回す(外旋する)と痛みが軽くなるようなら、梨状筋の緊張による「坐骨神経痛と言われているもの」です。

それにしても、
「坐骨神経痛」という言葉が無くなるのは、いつの話でしょう。。。

 

Copyright(c) 自然整体院「エイド・ステーション」 All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます