« 腰痛の原因と対策 | メイン | 寝違いはなぜ起こる? »

頭痛の原因

頭痛持ちの人も腰痛・肩こりに負けず劣らず多いですね。Headache2
それもほとんどが女性です。

ですが、当院の整体で最も改善率が高いのが、頭痛でもあります。

ひと口に頭痛といっても、タイプがあります。
突然の激しい頭痛は病院へ直行してください。
くも膜下出血や脳梗塞など、生命の危険を伴う場合があります。

当院がテーマにしているのは、
そういった急性のものではなく、慢性の頭痛です。

慢性の頭痛には、

  • 筋緊張性頭痛
  • 偏頭痛
  • 群発性頭痛

などがあるとされています。

【筋緊張性頭痛】は、整体に来られる方に最も多く見られる症状です。

頭がキューッと締め付けられるような痛みだったり、ズーンと重い痛みだったりするようです。

この症状の主な直接の原因としては、
首・肩・背中などの筋肉が強ばって血行不良になり、脳に行く酸素の不足で「酸素が足りない!」というサインとしての痛みだと思われます。

肩こり(自覚の有無に関わらず)を伴なう場合がほとんどで、
整体で最も軽減しやすいタイプの頭痛です。

 

【偏頭痛】は、片頭痛とも書かれます。Headache3

ズッキンズッキン、ズキズキなど拍動を伴う頭痛です。

筋緊張性頭痛が血管が圧迫されて起こるのに対し、
偏頭痛は血管が拡張して起こると言われています。

私の感じでは、行った血液が戻れなくて痛むのではないかという気もしています。
偏頭痛も肩こりを伴う場合が多いです。

筋緊張性頭痛と偏頭痛は、整体等でかなり改善されます

当院にあまり来られないのが、【群発性頭痛】の方です。

群発性頭痛は、片側の目の奥の「キリでえぐられるような」激痛と、それに伴う自律神経症状(体中がひとりでに震えたり、涙があふれたりする)を特徴とする頭痛で、頭の中にある内頸動脈が過度に拡張し、血管に炎症が生じるために起こると言われています。

群発性頭痛は男性に圧倒的に多いらしく、市販の頭痛薬では全くといって良いほど効果が無いようです。

しかも、私の行う整体では自律神経のアンバランスを整えることができるのですが、群発性頭痛の特徴である「動脈の拡張と炎症」は、副交感神経の興奮している時の症状と、交感神経の興奮している時の症状が同時に起こっているということなので、ちょっとよく分からないというのが正直なところです。

ですので、残念ながら群発性頭痛に関しては「改善します」とは言い切れません。
申し訳ございません。

 

ということで、上記二つの頭痛(筋緊張性頭痛と片頭痛)がなぜそんなに改善するかと言うと、やはりエイド・ステーションの整体では

頭周辺だけではなく、全身を調整する

というのが、ひとつの理由です。

筋緊張性頭痛と片頭痛は肩こり持ちの方に多いので、まず肩こりを和らげることが必要なのですが、肩こりに関する記事でも触れたように、肩こりは全身の症状です。

頭痛が肩こりと直結していることは、医療・代替医療に携わっている人ならどなたでもご存知でしょうが、肩や首周囲だけをゆるめても、その場限りですぐに症状が戻ってしまいます。

腰の骨と首の骨も連動していますから、腰が悪くても頭痛が起こりえます。

そして、一番の頭痛改善のポイントは?
続きは「頭痛解消のポイント」のページで。
 

  

Copyright(c) 自然整体院「エイド・ステーション」 All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます